ここから本文です

【高校野球】11K!花咲徳栄・高橋昂也のモチベーションは“さや姉への恋心”

東スポWeb 8月11日(木)16時32分配信

 第98回全国高校野球選手権大会第4日(10日)の第4試合で花咲徳栄(埼玉)が大曲工(秋田)を6―1で下し、2回戦に進出した。埼玉大会で37イニングを投げて1点も許さなかったプロ注目左腕・高橋昂也(3年)は4回に被弾してこの夏初失点。10安打を浴びたが、要所は締めて11奪三振1失点で完投し「久しぶりの公式戦で制球にバラつきがあった。(初失点は)気にせずに投げようと思っていた。とりあえず勝ててよかった」と話した。

 そんな高橋昂の原動力は、さや姉こと、NMB48の山本彩への恋心だ。とにかく熱狂的な大ファン。ナインが「普段の昂也は堅物タイプで物静かだけど、さや姉の話をする時はビックリするくらいテンションが上がる」「テレビからさや姉の声が聞こえると背中を向けていてもすぐに反応する」「ただのアイドル好きではなく、結婚したいらしい…」とあきれるほどの筋金入りだ。

 ある選手が「さや姉は大阪の子だから大阪のチームが好きなはず。お前なんか眼中にないよ」とからかったところ、高橋昂は真顔で「だったら大阪のチームを倒す。履正社の寺島に絶対に投げ勝つ!」と宣言。その寺島も山本彩好きと知るや、さらに闘志をたぎらせ「(第8日の2回戦で)履正社には横浜を倒して勝ち上がってきてほしい」とチームメートに話したという。

 狙うはもちろん全国制覇の高橋昂。いとしの山本彩はツイッターで「あ~甲子園行きたい~」とつぶやいており、ナインもまた「なんとか昂也をさや姉に会わせてあげたい。勝ち続ければチャンスが広がる」と盛り上がっている。

最終更新:8月11日(木)18時15分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報