ここから本文です

安藤優子氏「ぎっくり腰に」と告白 激痛に耐えた内村の神演技を絶賛

デイリースポーツ 8月11日(木)13時58分配信

 キャスターの安藤優子氏が11日、MCを務めるフジテレビ系「直撃LIVE グッデイ!」に出演し、「先日、ぎっくり腰を患いました」と告白した。

 リオ五輪の体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平が最後の種目・鉄棒の競技中にぎっくり腰になりながらも、渾身の演技を見せた話題で番組冒頭に盛り上がり。安藤氏は「私事ですが、先日、ぎっくり腰をやりまして…。ぎっくり腰を患いました。だからこそ、あの痛みに耐えながら、あの鉄棒の神がかり的な技を決める…、そのすごさを実感してしまいました」と興奮を抑えられない様子で話した。

 安藤氏は連日の五輪応援で「声を張り上げすぎて」ガラガラの声。顔にも疲労の色が浮かんでいたが、「(ぎっくり腰をやって)普通に歩けるだけで、なんて幸せなんだろう、と思いました。ですから、内村さんの痛みは想像するだけで泣けてきそうです」と訴えていた。

 「バイキング」から「グッディ!」へのリレー場面での坂上忍とのトークでの告白。坂上も内村の鉄棒競技中のぎっくり腰を聞き、「え~っ!」と驚き、「いや~、すごいですね。これだけ痛そうにしてるから相当なもん(痛み)ですね」と内村の精神力と金メダルへの執念、アスリート魂に感嘆していた。

最終更新:8月11日(木)14時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。