ここから本文です

【高校野球】嘉手納 驚異の連打で前橋育英に逆転勝ち

東スポWeb 8月11日(木)18時46分配信

 第5日(11日)第3試合は嘉手納(沖縄)の打線が7回につながり、一挙8点を奪って逆転、前橋育英(群馬)に10―3で快勝。16強に一番乗りした。

 2点を追う7回、内野安打3本で無死満塁とする。押し出し四球で1点差とし、4番・知花(3年)の左前2点適時打で逆転に成功。その後、遊直で二塁走者が飛び出し、併殺となって二死一塁になるが、ここから打線が驚異的なつながりを見せた。4者連続で短打をつなげると締めは幸地(3年)の左越え3点適時三塁打で5点を追加。一気に試合を決めた。

 甲子園初出場で初勝利を挙げた大蔵監督は「もともと振る力はある子たちだった。(7回の連打は)出来過ぎです」と驚きの表情だった。

最終更新:8月11日(木)18時52分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]