ここから本文です

中越のエースが9回1死までノーヒッターも…一転、サヨナラ負け

デイリースポーツ 8月11日(木)14時0分配信

 「全国高校野球・1回戦、富山第一1-0中越」(11日、甲子園球場)

 中越の今村豪投手(3年)が、9回1死までノーヒット・ノーランを継続しながら、初安打を皮切りに連打を浴びてサヨナラ負けを喫した。

【写真】中越・斉藤隆 “サムライ打法” 披露

 「1人、1人、1番から9番までしっかりと投げきりたい」と試合前に語っていた通り、立ち上がりから変化球を主体に両コーナーへきっちりと投げ分けた。八回2死満塁のピンチでは、強烈なピッチャーライナーを好捕。九回も先頭を中飛に打ち取り、大記録は目前に迫っていたが、右中間を破られる二塁打で初安打を許すと、続く打者に左中間へサヨナラヒットを浴びた。

 打線は序盤からチャンスを作りながら、今村を援護できなかった。

 今村は試合後、泣きじゃくりながら「四球でもいいと思って、コースへ投げたけど、内に入ってしまった。やり切ったといえばやり切ったけど、失投2球で負けたのは力不足で悔しい」と絞り出すように話した。

最終更新:8月11日(木)16時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。