ここから本文です

松田翔太が浜野謙太を絶賛「緊迫した場面でよくおならが出るな」

東スポWeb 8月11日(木)19時37分配信

 二世俳優の松田翔太(30)、個性派俳優の柳沢慎吾(54)、浜野謙太(35)が11日、都内で行われた映画「ディアスポリス―DIRTY YELLOW BOYS―」(9月3日公開)の完成披露上映会に出席した。

 松田は「血まみれになるシリアスな最後のシーンで、浜野さんがおならをした。ちっちゃい声で『ごめんね』とささやいたが、あんなに緊迫した場面でよくおならが出るな。本当にすごい男」と浜野を“絶賛”した。

 浜野は「すべてをゆだねたらおならが出てしまった。さびしくて…」などと言い訳をしたが、松田はなおも「役に入り込むために気持ちを集中している場面で、僕を『署長』ではなく『社長』といい間違えてずっこけた」と“口撃”した。

 さらには柳沢も加勢し「映画の撮影以降、ちょっと“てんぐ”になっちゃった。今日の打ち合わせも一番最後にサンドイッチを食べながら入ってきたし」とチクリ。

 松田は再度「朝ドラ(とと姉ちゃん)、月9(好きな人がいること)、フジロックにも出てるから」と、俳優としてもミュージシャンとしても売れっ子になった浜野にイヤミざんまいだった。

最終更新:8月11日(木)19時59分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。