ここから本文です

富山第一の狭間がノーヒットノーランを打ち砕く

デイリースポーツ 8月11日(木)14時35分配信

 「全国高校野球・1回戦、富山第一1-0中越」(11日、甲子園球場)

 富山第一がサヨナラ勝ちで初戦を突破した。九回1死まで相手エースからノーヒットノーランに抑えられていたが、狭間悠希捕手(3年)の初安打となる二塁打を皮切りに、連打でサヨナラまで持ち込んだ。

 「打った瞬間、抜けるかなとは思いました。本当に、ホッとしました」と狭間。九回1死までノーヒットに封じ込まれた。「固くなってボール球に手を出していた」。第4打席に入る前、心を落ち着かせた。頭をクリアにし、肩の力を抜いた。

 「打ったボールは覚えていません」と無心で食らいつくと、打球は右中間の芝生に弾んだ。待望の初安打。二塁塁上にいた狭間は「ふと河原が左中間に打ってくれると思ったんです。その通りになりました」と次打者の左中間二塁打でサヨナラのホームを踏んだ。

 終盤になるに連れてチームは記録を意識するようになっていたという。ベンチ内では「やばいぞ、やばいぞ」の声が飛び交い「正直、やばいと思ってた。今までノーヒットノーランをやられた経験がなかったので」と焦りが生じていた。

 八回、2死満塁から痛烈なピッチャーライナーを捕球された時には「球場の雰囲気が完全に記録を期待するような感じになっていた」と振り返る。それでも最終回の連打で虎の子の1点をもぎとった富山第一。狭間は「次は初回からどんどん打ちたい。(こういう試合は)もう2度とやりたくないです」と笑った。

最終更新:8月11日(木)14時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。