ここから本文です

中越・斉藤隆“サムライ打法” 聖地で披露も無念サヨナラ負け

デイリースポーツ 8月11日(木)14時53分配信

 「全国高校野球・1回戦、富山第一1-0中越」(11日、甲子園球場)

 2年連続出場の中越がサヨナラ負け。初戦突破はならなかったが、1番・斉藤隆弥内野手(3年)は“サムライ打法”の異名を取る独特な打撃フォームで、スタンドをどよめかせた。

 グリップエンドをへその辺りまで下げる構え。そこから反動をつけて、まるで刀で斬るようにスイングする。オーソドックスなフォームだった春先に打撃不振で悩んだ際、コーチに助言されたことがきっかけ。自身で工夫を重ねるうちに、どんどんと手の位置は下がり、夏の県大会前に現在の形になった。「反動を使えるし、タイミングが取りやすかった。飛距離も伸びて、長打も増えた」と、メリットを説明する。

 甲子園では富山第一の2投手の前に4打数無安打。「ここぞの1本が出なくて、簡単にフライをあげてしまった」と悔やんだ。

 それでも、自分で磨き上げ、チームメートに命名された“サムライ打法”には「続けていきたい」と、こだわりをのぞかせた。大学でのプレーを希望する斉藤隆は「この悔しさを持って、もう1回練習し直したい。1番だったり、主軸を打てるバッターになりたい」と、成長を誓った。

最終更新:8月11日(木)15時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報