ここから本文です

富山第一・河原、劇的サヨナラ打 ノーヒットノーラン危機から一転

デイリースポーツ 8月11日(木)15時12分配信

 「全国高校野球・1回戦、富山第一1-0中越」(11日、甲子園球場)

 富山第一の河原大成内野手(3年)が劇的なサヨナラ打を放ち、チームを初戦突破に導いた。

【写真】サヨナラ負けに涙する中越・今村

 九回1死から4番・狭間悠希捕手(3年)のチーム初安打となる二塁打。ノーヒットノーランの危機から一転、訪れたサヨナラ機に「コンパクトに振ることを考えていました」と捉えた打球は左中間で弾んだ。狭間とは、この回の攻撃前に「4、5番で何とかするぞ」と話していたといい「サヨナラ打は初めて。やっとチームの勝ちに貢献できました」と声を弾ませた。

 七回2死一、二塁で迎えた第3打席で左翼への鋭い当たりを放っていた。結果は左飛だったが「いい感覚を持ったまま打席に入れた」と河原。「最高の気持ち。この勢いで次も勝ちたい」と意気込んだ。3年前の夏はベスト8まで勝ち進んだ。再び旋風を起こす予感を抱かせるサヨナラ劇となった。

最終更新:8月11日(木)15時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]