ここから本文です

【バドミントン】世界1位タカマツペア 順当に白星発進!

東スポWeb 8月11日(木)20時57分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ発】バドミントンで日本勢初の金メダルを期待される女子ダブルスの高橋礼華(26)松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)が1次リーグA組の初戦に臨み、グッタ、ポンナッパ(インド)組に2―0で勝ち、白星スタートを切った。

 世界ランキング1位で第1シードのタカマツは第1ゲームこそ21―15だったが、エンジンがかかった第2ゲームは21―10と圧倒した。

 五輪初舞台は午前8時開始で観客もまばらな中での試合となったが、高橋は「1回戦が課題だったので、ストレート勝ちできてホッとしている。もっと緊張するかと思ったけど、自分たちらしいプレーはできた」と満足げ。

 松友も「緊張したけど準備はできていた。1試合ごとに調子を上げていければ」と順調な滑り出しに手応えを感じていた様子だった。

最終更新:8月11日(木)21時9分

東スポWeb