ここから本文です

日本ハム中島のカット打球が中田を直撃 ベンチで警戒も逃げ切れず?

デイリースポーツ 8月11日(木)16時53分配信

 「日本ハム-西武」(11日、札幌ドーム)

 日本ハム・中田翔内野手が、中島の“カット打法”の直撃に苦笑いした。

 三回2死三塁。追い込まれてもファウルで粘ることができる「ネバネバ打法」が持ち味の中島が打席へ。

 2ストライクからの3球目。多和田の直球をファウルした打球が鋭いゴロで三塁ベンチに侵入。球足の速さに待機していた中田もよけきれず直撃した。

 これまでも中島のカット打法は、試合中、ファウルゾーンでキャッチボール中に、大谷、吉川もダイレクトでキャッチしたこともある。味方も警戒していたが、チームメートからまさかの洗礼を浴び、主砲も困っていた。

最終更新:8月11日(木)17時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]