ここから本文です

【柔道】羽賀龍之介100キロ級3回戦に進出 内股で一本勝ち

東スポWeb 8月11日(木)23時14分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ11日発】柔道競技6日目、男子100キロ級で2015年世界選手権王者の羽賀龍之介(25=旭化成)が、初戦の2回戦でボロダフコ(ラトビア)に内股で一本勝ちして3回戦に進出した。

 胸にタトゥーの入った相手に、羽賀は冷静に攻めていく。相手の動きをつかんだところで、2分29秒、得意の内股一発で仕留めて世界王者の貫禄を示した。

 男子代表は、73キロ級の大野将平(24=旭化成)、90キロ級のベイカー茉秋(21=東海大)が金メダルを獲得。ロンドン五輪の金ゼロから見事に復活を遂げたが、“羽賀龍”も上昇気流に乗れるか。

最終更新:8月11日(木)23時14分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]