ここから本文です

元おニャン子新田恵利「脇本選手を応援」 松戸競輪で五輪愛

デイリースポーツ 8月11日(木)17時24分配信

 「オールスター競輪・G1」(11日、松戸)

 元おニャン子クラブの新田恵利(48)がオールスター競輪開催中の松戸競輪に来場し、トークショーとミニライブを行った。

 大勢の競輪ファン以外にも、おニャン子クラブ時代から新田を追い掛けている熱狂的なファンの姿も目に付いた。

 トークショーとミニライブの間にデイリースポーツの取材に応じた新田は「競輪場のイベントは最近増えてきました。少しだけど、車券を買って参加させてもらっています。トークショーには昔からのファンの人が多くてうれしかったです。楽しそうにリアクションをしてくれてやりやすかった」と話した。

 競輪選手の話題になると「昔、中野浩一さんに会ったとき、太ももの太さに驚きました。あとは主人が十文字貴信(1996年アテネ五輪銅メダル獲得)さんと同じ自転車を買ったことがありますよ」とエピソードを明かした。

 開催中のリオ五輪の話題になると「オリンピックの中では柔道が1番好きですね。体操も2番目に好きだから、テレビの時間が重なってしまって大変です。競輪選手がオリンピックに出てることを教えてもらったので、(ケイリンに出場する)脇本雄太選手を応援します」と自転車競技も見ることを約束した。

最終更新:8月11日(木)17時57分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。