ここから本文です

E-girls藤井姉妹が新ユニット結成 ネットで話題のCM曲

デイリースポーツ 8月11日(木)19時0分配信

 E-girlsメンバーの人気姉妹、藤井萩花(しゅうか、21)と藤井夏恋(かれん、20)が新ユニット「ShuuKaRen(シュウカレン)」を結成し、10月5日にデビューシングル「UNIVERSE」を発売することが11日、分かった。さいたまスーパーアリーナで開催されたグループの全国ツアー最終公演のアンコールで発表された。

 大型ビジョンに情報が映し出されると、ファンからはどよめきと歓声が起きた。萩花は「妹の夏恋と2人で新プロジェクトとして、新たな挑戦をすることが決まりました。妹だけど表現者としてはライバル。新たな色をエンターテインメントを通して、発信していけたら」とコメントした。

 E-からの派生ユニットは初めて。2人は女性ファッション誌「JJ」で専属モデルを務めるなど、グループでも屈指の人気を誇る。姉妹ながら萩花はクール、夏恋はキュートと対極の個性が魅力。E-の世界を広げることを期待され、姉妹コラボが決まった。

 アップテンポのダンスチューンという同曲は、萩花がメーンボーカル、夏恋は主にラップを担当する。萩花はE-やFlowerではパフォーマンスを担当しており、ボーカルは初めて。デビュー前からボーカルレッスンは積んできており、この日は「個人的には歌が初挑戦。不安やみなさんの反応が心配だった」と話しながら、声援を受けてホッとした様子だった。

 実は同曲はすでにお披露目済み。今年4月にE-メンバーが出演したヘッドフォン「beats」のCMソングとしてオンエアされていたが、ユニット名などは明かされておらず、ネット上では「誰が歌っているの?」話題となっていた。ユニットの公式HPやインスタグラムもスタートしている。

 ライブはヒット曲「Follow Me」や新曲「Pink Champagne」など28曲をパフォーマンス。2万4000人のファンを熱狂させ、21公演で25万人を動員したグループ最大規模のツアーを締めくくった。

最終更新:8月11日(木)20時25分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。