ここから本文です

韓国柔道「ノーゴールド危機」世界ランク1位4人全員が金逃し…韓国メディアが警鐘

デイリースポーツ 8月11日(木)19時10分配信

 リオデジャネイロ五輪の柔道男子で、11日までに世界ランキング1位の韓国4選手がいずれも金メダルを逃したとして、中央日報(日本語版)は「ノーゴールド危機」と予想外の苦戦を報じた。

 この日、男子90キロ級でクァク・ドンハンが銅メダルに終わった。同紙は、これで開幕前にクァクとともに「アベンジャーズ」と呼ばれて金メダル獲得に期待を集めた、キム・ウォンジン(60キロ級)、アン・バウル(66キロ級)、アン・チャンリム(73キロ級)の「世界ランキング1位四銃士が『ノーゴールド』となった」と伝えた。

 この結果を同紙は「遺憾」「韓国柔道の戦略不在」とし、「世界ランキングを高めようと数多くの国際大会に参加したのがむしろ選手の戦力を露出する逆効果を招いた」と厳しく指摘している。

 韓国柔道は04年・アテネ大会は金1個、08年・北京大会は金1個、12年・ロンドン大会は金2個を獲得している。

 【アベンジャーズ】…米マーベルコミック原作のヒーロー「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」らが集結した最強集団。映画化されたシリーズも大ヒットしている。

最終更新:8月11日(木)19時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。