ここから本文です

世界ランク1位タカマツペアが白星スタート 「調子を上げていきたい」

デイリースポーツ 8月11日(木)20時43分配信

 「リオ五輪・バドミントン女子ダブルス・予選リーグ」(11日、リオ中央体育館)

 予選リーグが始まり、グループAで世界ランク1位の「タカマツペア」こと高橋礼華、松友美佐紀(ともに日本ユニシス)組が初戦でインドのグッタ、ボンナッタ組と対戦。21-15、21-10のストレートで勝利し、白星スタートを切った。

 試合後、高橋は「1回戦が課題だった。もっと緊張するかと思ったが、比較的リラックスできた。100%じゃないが自分たちのプレーはできた。課題の(予選リーグ)1回戦をストレート勝ちできたので、2回戦、3回戦でも自分たちのプレーをしたい」と語った。

 パートナーの松友は「私は最初は緊張したが、緊張する準備はできていた。まずは1回戦を勝てたので1試合ごとに調子を上げ、次の試合でも力を出したい」と話した。

 予選リーグは4ペアずつ4グループに別れ、各グループの上位2ペアが決勝トーナメントに進める。

最終更新:8月11日(木)22時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]