ここから本文です

ベッキー、ツイッター再び休止 批判コメも全部表示され大荒れ…インスタは継続

デイリースポーツ 8月11日(木)21時6分配信

 不倫騒動による休業を経て芸能活動に復帰したタレント・ベッキーが、復帰と同時に再開していたツイッターが、再び“休止状態”となっている。

【写真】「申し訳ない」7連発…ベッキー復帰も前途多難?

 ベッキーは7月5日に、復帰したBSスカパー!番組が放送されたことを受けインスタグラムに「お仕事リスタートです。インスタも再開します」と記し、以降は、ツイッターにもインスタ更新情報を投稿していた。ただ集まったコメントがそのまま表示されるツイッターには、「おかえり」と歓迎する声の一方で批判や、冷やかしのコメントや写真投稿が殺到し、かなり荒れた状態となっている。

 このためか7月24日にフジテレビ系「27時間テレビ」に電話で生出演したことを報告した記載を最後に、再びツイッターは休止。

 一方、インスタグラムはその後も継続し、花火大会を撮影したとみられる動画や、沖縄そばの写真などを定期的に投稿し、「笑顔が戻ってうれしいです」「ベッキーの姿をテレビで見たい」「早く復活して」と毎回500~1500件程度のエールのコメントが集まっている。

最終更新:8月12日(金)7時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。