ここから本文です

広島逆転勝ち!阪神の守乱に乗じる 2位・巨人とは5・5ゲーム差に

デイリースポーツ 8月11日(木)21時18分配信

 「広島5-3阪神」(11日、マツダスタジアム)

 神風吹いた!!広島が逆転勝ちで阪神を相手に、5カードぶりの勝ち越しを決めた。

 2点ビハインドの七回、鈴木、安部の連打で一、二塁。続く会沢が送りバントを狙った。高く跳ねた打球が、芝でバウンドが少し変わる。慌てて捕球した藤浪が、一塁高くに悪送球。ボールがファウルグラウンドを転々とする間に、二走鈴木が一気にホーム生還した。

 1点差に迫ると1死後、続く田中の一ゴロをゴメスが本塁に悪送球。二走赤松も生還し、2失策で勝ち越しに成功した。さらに菊池の二塁内野安打で一、三塁とすると、丸の中犠飛で追加点。七回に2番手で登板した藪田が、3者連続奪三振で流れを呼んだ。

 ジャクソン、中崎の必勝リレーで締め、貯金は再び19。2位巨人がDeNAに敗れて、ゲーム差を再び5・5に広げた。12日からは場所を横浜に移して、DeNAとの3連戦。野村、黒田の2本柱で連勝を狙う。

 阪神は先発・藤浪が自らの悪送球から逆転を許し、7回5安打5失点で8敗目(5勝)を喫した。

 0-1の四回は無死一、二塁から原口の左前適時打で同点。五回は先頭・藤浪が内野安打で出て2死一塁から鳥谷の左中間適時二塁打で1点を勝ち越し。六回はゴメスが9号ソロを左中間席へ運んだが、逆転された。

最終更新:8月11日(木)21時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]