ここから本文です

矢島、決勝ゴールも笑顔なし「遅かった」 後半途中出場で結果

デイリースポーツ 8月11日(木)22時7分配信

 「リオ五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本1-0スウェーデン」(10日、フォンチノバ・アリーナ)

 途中出場のMF矢島慎也(岡山)が、決勝点となる今大会初ゴールを決めた。

 後半12分にMF南野拓実(ザルツブルク)と交代でピッチに立つと、8分後には左サイドを突破したMF大島僚太(川崎)のクロスに滑り込みながら右足を合わせた。

 矢島は「大島君のボールが良かった。当てるだけだった」と感謝した。コロンビア戦で決定機を逃したことを振り返り、「1点取れたことは良かったけど遅かった」と笑顔はなかった。

最終更新:8月11日(木)22時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]