ここから本文です

韓国、五輪序盤のメダル奮わず「危険な状況」…韓国メディアが警鐘

デイリースポーツ 8月11日(木)22時49分配信

 リオデジャネイロ五輪で、日本がメダルラッシュに沸く中、韓国は金メダル獲得が期待された有力選手の苦戦が続き、大会前に選手団が目標に掲げた、金メダル10個-総合順位(国別メダル数)10位以内を意味する「10-10」の達成が「危険な状況」だと韓国メディアが警鐘を鳴らしている。

 韓国選手のメダル獲得がゼロだった五輪4日目の8日には、聯合ニュース(電子版)が「新たなメダル無し 金有力候補たち早々に脱落」と報じた。中央日報(日本語版)は「『期待の星』相次ぎ脱落…総合順位10位目標、危険な状況」とし柔道男子などでの有力選手の苦戦を要因に挙げた。いずれも同日に7~8位で推移した総合順位の状況も伝えた。

 韓国は08年北京大会は「金13個・7位」、12年ロンドン大会は「金13個・5位」の成績。日本に比べると、国としての金メダル獲得数に強いこだわりを持っており、近隣国へのライバル心が強いとの指摘もある。

 11日午後10時現在で、韓国は「金4個・7位」。なお日本は「金6個・3位」となっている。

最終更新:8月11日(木)23時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]