ここから本文です

広島・薮田がプロ2勝目 3者連続三振で逆転呼ぶ

デイリースポーツ 8月11日(木)23時35分配信

 「広島5-3阪神」(11日、マツダスタジアム)

 広島の薮田和樹投手(24)が圧巻の3者連続三振で、今季初白星をつかんだ。

 2点ビハインドの七回。まずは先頭の藤浪を3球で空振り三振に仕留めた。続く高山は内角高めの147キロで空振り三振に。最後は江越をフルカウントからの12球目、真ん中の146キロ直球で、3者連続三振で締めた。

 すると、直後の攻撃で打線が奮闘。相手のミスに乗じて、一挙4点を奪って逆転に成功した。プロ初登板、初先発となった15年7月1日の巨人戦(東京)以来となる2勝目をつかみ取った。

 右肩痛で出遅れた2年目。「春季キャンプから2軍でスタートして(今季)勝てるか不安でした。野手の方のおかげで勝つことができた」。今季7試合目の登板で手にした久々の勝利に、喜びを噛みしめた。

最終更新:8月11日(木)23時39分

デイリースポーツ