ここから本文です

師弟27年の集大成 競泳・松田丈志選手「銅」

宮崎日日新聞 8/11(木) 13:21配信

 師弟にとって「最後の五輪」は笑顔で終えた。リオデジャネイロ五輪第5日の9日(日本時間10日)、競泳男子800メートルリレーで日本の52年ぶりとなる銅メダルに貢献した延岡市出身の松田丈志選手(32)=セガサミー=と、コーチの久世由美子さん(69)。通算27年間、二人三脚で歩んできた2人。4度目となった集大成の五輪でも大きな花を咲かせた。一方、地元でも多くの市民らが声援を送り、松田選手の快挙に歓喜の輪が広がった。

宮崎日日新聞

最終更新:8/11(木) 13:21

宮崎日日新聞