ここから本文です

<北朝鮮写真>軍に深刻な栄養失調蔓延 腐敗幹部の食糧横流しで 米放送伝える(写真2枚)

アジアプレス・ネットワーク 8月11日(木)5時40分配信

朝鮮人民軍の多くの新兵たちが、軍幹部の食糧横流しの不正行為のために栄養失調状態にあると、米国の自由アジア放送(RFA)が、北朝鮮内部の情報筋の話として8月9日に伝えた。

【関連写真を見る】金正恩氏も知る人民軍の実態 激痩せ、粗末な軍服と装備、木炭車も使用(写真4枚)

今年3月に軍に入隊した息子が栄養失調になったという北部の慈江道の住民はRFAに対し、「軍人の食生活はお話にならない。新兵のほとんどが深刻な栄養失調状態だ」と述べたという。

さらにこの住民は、自分の息子の言葉として、「入隊後の食事はトウモロコシに塩漬けの野菜だけで、それさえも軍団直属の幹部が部隊を見回る日にだけ定量が出され、幹部が戻るとすぐに半分に減る」と伝えた。

これと関連し、同じく北部両江道のRFAの軍関連の消息筋は「新兵たちが栄養失調になるほど食糧供給は劣悪ではないはず。兵士たちが飢えるのは軍の指揮官たちの根深い腐敗と私利私欲のためだ」と述べたという。

軍の幹部たちが国家から供給される食糧を横流しするため、末端の兵士に飢えが蔓延するというのは、以前から指摘されていた。

またRFAによれば、兵士たちの間では、軍内に栄養失調がはびこるのは、幹部の腐敗に甘い人民軍総政治局長の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)の無能のせいだとして、「金正恩の前で報告すらできない役立たず」と、黄総政治局長を批判する声が上がっているという。

最終更新:8月11日(木)9時5分

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。