ここから本文です

【リオ五輪】タカマツが快勝!予選リーグを白星スタート!<女子ダブルス>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 8/11(木) 21:03配信

8月11日に開幕したリオ五輪・バドミントン競技は予選リーグが行なわれ、女子ダブルスの世界ランキング1位・高橋礼華/松友美佐紀が、インドのグッタ/ポンナッパと対戦。第1ゲームを15本でタカマツが奪うと、第2ゲームも主導権をしっかり握り、10本に抑えて勝利! 課題とされた初戦を白星で飾った。高橋/松友は明日12日に、世界ランク16位のサプシリー・タエラッタナチャイ/プティタ・スパジラクル(タイ)と対戦する。

◆試合後のコメント
高橋「1回戦が課題だと思っていた。オリンピックは緊張するかと思ったけど、リラックスしてプレーはできた。100%ではなかったけども、自分たちらしいプレーはできました」

松友「最初は緊張しましたが、緊張すると思っていたのでその準備はしてきました。(勝つことができて)ホッとしています。次の試合に向けて準備していきたいです」

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:8/11(木) 21:15

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています