ここから本文です

PKCZ(R)、「HiGH&LOW」とコラボ ノンストップで魅せた横浜の夜

MusicVoice 8/11(木) 12:53配信

 『PKCZ(R)× HiGH&LOW PREMIUM LIVE SHOW』が去る5日に、横浜赤レンガパークで開催された。このイベントは日本テレビが番組とコラボして開催する野外音楽フェス3DAYSで、「日テレ×LIVE in SUMMER YOKOHAMA」の初日。PKCZ(R)とは、HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAが中心となり新たなムーブメントを起こすべく結成されたチーム。そのPKCZ(R)がEXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEらが所属するLDHと日本テレビがタッグを組み、ドラマやライブツアーなどが連動するプロジェクト「HiGH&LOW」とコラボレーションした文字通り“プレミアム“なLIVE SHOWとなった。

 17時35分、PKCZ(R)の3人がステージ奥のブースに登場しVERBALの「ヨコハマッ!アー・ユー・レディ?」の掛け声でイベントがスタート。

 PKCZ(R)のDJからコリアンマフィア張城の「李」のテーマ曲「WE RUN DIS」が流れ、「スペシャル・ゲストを紹介します!」と登坂広臣がステージにイン。自身がドラマで演じる雨宮広斗のテーマソング「CHAIN BREAKER」を歌い、今度はMIGHTY WARRIORSのリーダーを演じるCRAZY BOYことELLYが加わり2人で「BED ROOM」を。「♪重なって、重なって?」のリフレインがなんとも官能的で場内を酔わせる。

 DOBERMAN INFINITYのコーナーは山王連合会のテーマソング「Do or Die」でスタート。1シンガー4MCの5人で会場を駆けまわり煽っていく。「JUMP AROUND ∞」では「♪JUMP!」の掛け声と共に1万2000人がジャンプ。「♪CRAZYなBABYは夏が好き?」のフレーズが鮮やかなサマー・チューン「GA GA SUMMER」で締める。

 そしてステージにはGENERATIONS from EXILE TRIBEの7人が登場し、メンバーの佐野玲於がタケシ役で所属するRUDE BOYSのテーマソング「RUN THIS TOWN」でスタート。後半にはTHE RAMPAGEも加わり総勢23人のパフォーマンスで客席を圧倒。

 男性ばかりのパフォーマンスが続いた後、ステージは一転してE-girlsの20人が華やかに登場。歌うはレデイースチーム苺美瑠狂のテーマソング「STRAWBERRYサディスティック」。そして今年の夏をより熱くするような最新シングル「E.G. summer RIDER」に移り会場を灼熱のパラダイスへ。その後はHappinessのメンバー7人が2曲を披露。ラストの「Sexy Young Beatiful」はPKCZ(R)のリミックスバージョンで披露。

 続くステージにはELLY、SWAY、ANARCHYの3人が登場。「HiGH&LOW」の世界観へ誘うように、曲はMIGHTY WARRIORSのパール(SWAY)と9(ANARCHY)のテーマ「BBFL」。そしてMIGHTY WARRIORSのテーマソングではステージ前方から炎が吹き上がる激しい演出に、中間部の「♪叫べMIGHTY!」の所では1万2000人が一緒に叫ぶ。MCでELLYは「(ドラマ見て)僕のこと悪役だと思ってる人!普段は悪くないです!」と会場の笑いを誘う。後半がずっしりとしたヘビーなヒップホップ・ナンバー2曲を続ける貫禄のパフォーマンス。

 DOBERMAN INFINITYのKUBO-C、P-CHOにJAY'EDの3人はギャングチーム・ムゲンの総長、琥珀のテーマソング「Hell On Earth」を披露。ヒップホップ・ナンバーながら叙情的で哀愁感溢れるメロディは3人の歌声を引き立てる。続くJAY'EDがソロを取るミディアムテンポの「Everybody」では、しっとりとしたボーカルを広い会場に響き渡せる。

 次に「今からスペシャルゲストを紹介します!」とVERBALに呼ばれたのはEXILE SHOKICHI!!会場のあちこちから悲鳴に似た歓声が湧きあがり、White Rascalsのテーマソング「WHITE OUT」を、続くROCK CITYではSWAYにCrystal Kayがジョインし4月にリリースされたSHOKICHIの初ソロアルバム収録の「ROCK CITY」を披露。3人のボーカルの絡みや掛け合う様は美しさすら漂う。

 「(横浜出身なので)ハマガール・パワーで行きます!」と4人のダンサーを従え元気いっぱいに登場したのはCrystal Kay。アップテンポのナンバーを立て続けに歌い場内を最高潮に盛り上げる。頑張ってる人への応援歌ですと紹介して歌った「何度でも」では、ダンサーも下がり、じっくりとそのソウルフルな美声を聴かせ、シンガーとしての実力を見せつけた。ラストはVERBALとのコラボレーション「World is Yours」で場内のボルテージを上げに上げてステージを降りる。

 VERBALが「お腹の底から声を出す準備が出来てますか?」とオーディエンスに確認した後、鮮やかなスカイブルーの衣装で、いよいよEXILE THE SECONDがステージに登場。観客もこの日、最高の盛り上がりで迎え入れキレッキレのダンス・パフォーマンスがスタート。立て続けのダンスナンバーで会場を湧きに沸かせ、ラストの「Going Crazy」では、EXILE AKIRAがサプライズで登場し、客席は興奮の坩堝と化す。超弩級のパフォーマンスで会場を圧倒し続けた。

「最後にまだやってない曲があります!」VERBALの呼びかけに、登坂広臣、ELLYに黒の特攻服スタイルのガウンを羽織ったCrystal Kayが登場すると、ラストナンバー「PLAY THAT」へ。ステージと1万2000人の観客が一体となった、これ以上ないほどの大変な盛り上がりをみせ、「横浜サイコーッ!」とVERBALが集まったオーディエンスを称えてイベントは終了。

 曲間をPKCZ(R)のDJとMCで繋ぐノンストップ構成で、2時間20分を超すステージがほんのひと時に感じさせる、VERBALのプロデュース手腕はさすが。日テレ会場には親子で参加できるエリアも設けられ、小さな子どもたちが大きな声で声援を送っていたのが印象的であった。


■セットリスト

<PKCZ(R)× HiGH&LOW PREMIUM LIVE SHOW >

8月5日 17:30?横浜・赤レンガパーク

PKCZ(R)パート
01.WE RUN DIS/PKCZR
02.CHAIN BREAKER/登坂広臣
03.BED ROOM/登坂広臣、ELLY
04.Do or Die/DOBERMAN INFINITY
05.JUMP AROUND ∞/DOBERMAN INFINITY
06.GA GA SUMMER/DOBERMAN INFINITY
07.RUN THIS TOWN/GENERATIONS
08.AGEHA/GENERATIONS
09.Hard Knock Days/GENERATIONS
10.Unbreakable/GENERATIONS、THE RAMPAGE
11.FIND AWAY/THE RAMPAGE
PKCZ(R)パート
12.STRAWBERRYサディスティック/E-girls
13.E.G. summer RIDER/E-girls
14.Holiday/Happiness
15.Sexy Young Beatiful/Happiness
16.BBFL/ELLY、SWAY、ANARCHY
17.MIGTY WARRIORS/ELLY、SWAY、ANARCHY
18.HELLA RICH/ELLY、ANARCHY、SWAY
19.FUNK JUNGLE/ELLY、SWAY、ANARCHY
20.Hell On Earth/KUBO-C、P-CHO、JAY'ED
21.Everybody/JAY'ED
22.WHITE OUT/SHOKICHI
23.ROCK CITY/SHOKICHI、SWAY、Crystal Kay
24.REVOLUTION/Crystal Kay
25.デリシャスな金曜日/Crystal Kay
26.何度でも/Crystal Kay
27.Shooting Star/Crystal Kay
28.World is Yours/Crystal Kay
PKCZ(R)パート
29.YEAH!!YEAH!!YEAH!!/EXILE THE SECOND
30.CLAP YOUR HANDS/EXILE THE SECOND
31.SURVIVORS/EXILE THE SECOND
32.ASOBO!/EXILE THE SECOND
33.Going Crazy/EXILE THE SECOND
PKCZ(R)パート
34.PLAY THAT/登坂広臣、ELLY、Crystal Kay

最終更新:8/11(木) 12:53

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]