ここから本文です

京セラ、スーパー・工場など複数拠点を「ぴったり」節電

日刊工業新聞電子版 8/11(木) 15:42配信

ガス発電機や空調をICT制御

 京セラは三菱重工業グループやスーパーなどとガス発電機や空調、蓄電池を情報通信技術(ICT)で制御して電力需給を調整するデマンドレスポンス(DR、需要応答)の実証事業を8月中に始める。電力会社からの要請を元に京セラのサーバーを通して工場などの発電機や空調を自動または手動で制御して節電する。節電したい電力量と実際の節電量を一致させる制御方法を確立する。

 実証に参加するのは三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET)の本社工場(相模原市中央区)、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の横浜工場(横浜市中区)、関東地方の食品スーパー8店舗。経済産業省の実証事業に採択された。期間は2017年1月まで。

 MHIETの工場では発電機7基をネットワークで接続。京セラのサーバーが数基を自動で稼働させ、電力会社からの購入電力を減らす。

 スーパーにも空調を弱めたり、蓄電池から放電したりする自動制御システムを導入した。MHPSは担当者が発電機の運転を調整する。

 MHIETは3000キロワット、MHPSは3500キロワットの調整を予定。スーパーは1店舗当たり20キロワットの節電に協力できる。京セラのサーバーが各施設の節電余力を分析し、東京電力から要請された節電量を各施設に配分する。

 発電機の制御まで自動化したDRは珍しい。京セラは達成に向け節電量と実際の節電量の誤差を、プラスマイナス10%に収められるよう、精度を高める。地域型の新電力への採用や、小さな電源を束ねて発電所のように扱う「仮想発電所」への展開を目指す。

最終更新:8/11(木) 15:42

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。