ここから本文です

NZが首の皮一枚で生き残り、アメリカ脱落! 日本はフランスと準々決勝

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 8/11(木) 5:41配信

 日本戦でまさかの敗北を喫してから完全には立ち直れず、プールC最終戦でもイギリスに2点差で敗れ、準々決勝進出は絶望的とみられていたオールブラックス・セブンズ(男子7人制ニュージーランド代表)だが、ベスト8最後の1枠を争っていたアメリカがプールAのラストゲームでフィジーに19-24で敗れたため、総得失点差でわずか1点上回ったニュージーランドがリオ五輪のメダル争いに踏みとどまった。

セブンズ男子日本が準々決勝進出! ケニア下しプールC2位が確定!

 デオドロスタジアムを会場とする男子7人制ラグビーは現地時間10日(競技2日目)、各プールの最終戦がおこなわれ、金メダル候補とされながら苦戦が続いていたニュージーランドは、イギリスに19-21で屈し2敗目を喫した。21点ビハインドから3トライを重ねたものの、大事な試合を制することはできなかった。

 プールCでは日本がケニアに31-7と快勝していたため、同組3位が確定したニュージーランド。プールAの最終戦でアメリカがフィジーに勝てば、ニュージーランドの脱落が決定するという絶体絶命の状況だった。もし、アメリカが僅差で敗れた場合でも、ニュージーランドの8強入りはなくなる……。

 アメリカはフィジーと互角に渡り合った。抜きつ抜かれつの熱闘。
 そして、アメリカは10点を追う後半6分、NFL(アメリカンフットボール)のスーパーボウル優勝を経験しているスター選手のネイト・エブナーが右サイドを50メートル走り切り、トライを決めて5点差(19-24)とした。次のコンバージョンキックが決まり、そのまま3点差でゲームが終了していたら、アメリカが得失点差でニュージーランドを上回る計算だったが、マディソン・ヒューズ主将のキックは外れ、明暗が分かれた。

 準々決勝は同日(日本時間11日早朝)におこなわれる。
 プールCを2勝1敗で2位通過した日本は、プールB2位のフランスと対戦することが決まった。首の皮一枚で残ったニュージーランドはフィジーと激突することが決定。全勝で勝ち上がったイギリスはアルゼンチンと対戦し、プールB1位の南アフリカはオーストラリアと再戦する。

最終更新:8/11(木) 5:41

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。