ここから本文です

厚切りジェイソンのWHY!? 宇治金時って抹茶あんこじゃないの?

TOKYO FM+ 8月11日(木)12時0分配信

お笑い芸人の厚切りジェイソンがTOKYO FMのレギュラー番組で、日本の夏の風物詩「かき氷」について語りました。
(TOKYO FM「厚切りジェイソンのThursday Night WHY」8月4日放送分より)

「かき氷」はおいしいですよね。イチゴや練乳をのせたものとか、珍しいのではハチミツレモンとか。まぁ幅広いね。いろんな味があるから、友達と分け合っていろんな味も試せるね。

アメリカにもかき氷はあるんですけど、日本のかき氷ってバスケットボールサイズですよね。でもアメリカのは小さいですね。「snow cone(スノウコーン)」というんですけど、日本のソフトクリームくらいのサイズですね。つくりとか味は近いですけどね。

「snow cone」は、snowが雪でconeが円錐という意味です。ソフトクリームのコーンみたいなものに入れるから、この名前なのかな? かき氷は「shaved ice」とも言いますけど、僕が生まれたミシガン州では「snow cone」ですね。


ところで、抹茶とあんこがのったかき氷を「宇治金時」って言いますよね。
何で抹茶と豆を氷にのせて食べるんですか!? ちょっとおかしいと思いますけど、もっとおかしいのが「宇治金時」という名前です。

WHY JAPANESE PEOPLE!?

なんで「抹茶あんこ」じゃないんですか?

宇治はお茶のとれる京都の地名。金時は坂田金時という赤い顔の金太郎さんが大人になった時の名前らしいけど、それを聞いてもわからないよ!

ちなみに「宇治金時」を英語で言うなら……「shaved Ice with green tea and sweet beans」ですけど、これをアメリカで行っても「ハァ?」って言われますよ!

それではSee You Next Thursday Night.
今夜は……以上!

最終更新:8月11日(木)12時0分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。