ここから本文です

輸入規制緩和を 香港政府に農相が要請

日本農業新聞 8/11(木) 13:30配信

 山本有二農相は10日、当地で香港政府の副首相に当たるキャリー・ラム政務長官と面会し、日本産農産物の輸入規制の緩和を申し入れた。科学的根拠に基づく対応を求めた。会談は1時間弱行い、山本農相は東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う農産物の輸入規制の緩和を要請した。各国が科学的根拠に基づいて規制を順次解除しており、香港政府にも同様の対応を取るよう呼び掛けた。

 併せて、山本農相は日本産の消費拡大への協力を依頼。キャリー政務長官は、日本食の需要が増しているとし、輸入量をさらに増やしたい意向を示したという。

 香港は日本の農林水産物・食品の最大の輸出先。2016年上半期も輸出額が873億円と全体の4分の1を占めた。だが、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産の野菜や果実、牛乳などの輸入を停止している。

 山本農相は12日には、食品衛生を担当する食物衛生局のコウ・エイブン長官との会談を予定。輸入規制の緩和や日本産農産物の安全性を訴える。

日本農業新聞

最終更新:8/11(木) 13:30

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。