ここから本文です

サンパウロの中華レストランが検挙=衛生管理で現行犯、犬の肉も見つかる

ニッケイ新聞 8月11日(木)23時34分配信

<ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」9日付>

 サンパウロ市衛生局は3日、日本人移住者が多く住む東洋街にあるリベルダーデ広場近くに3軒並ぶ中華料理店「Chifu」「Ban Wa」「Rei dos Reis」に、抜き打ちの立ち入り検査を実施した。

 ブラジルメディア「G1」電子版同日付けによれば、経営者や支配人ら3人を現行犯で逮捕したとなどと報じられている。

 「犬の肉を料理で出している」との密告が警察に入り、衛生当局とともに立ち入り検査。「衛生管理が悪い冷凍庫の中で肉を保管」との容疑で現行犯逮捕され、「犬の肉」らしきものが押収され、検査にまわされたという。

最終更新:8月11日(木)23時37分

ニッケイ新聞