ここから本文です

男がトランプタワーをよじ登る NY、警察が身柄確保

AFPBB News 8月11日(木)9時6分配信

(c)AFPBB News

【8月11日 AFP】米ニューヨーク(New York)で10日、大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が所有し、陣営の事務所を構えるトランプタワー(Trump Tower)の外壁を男がよじ登る騒ぎがあった。男は登り始めてから3時間後に警察によって身柄を確保された。

 グレーの短パンに薄緑色のTシャツ、白い帽子をかぶった若い男を、タワーの21階の窓から建物内に警官らが中に引き込む様子がテレビで生中継された。男は5つの吸着カップを使って建物の壁面をよじ登っていた。

 警察の報道官はツイッター(Twitter)で「登っていた人物の身柄を確保した」と発表した。

 地元警察幹部によると、男はバージニア(Virginia)州出身の20歳。名前は明かされなかった。男は、動画共有サイトの「ユーチューブ(YouTube)」に投稿した動画で、トランプ氏と面会したいと語っていたという。

 タワーにはトランプ氏の自宅があるが、同氏は当時、バージニア州などでの選挙集会のため不在だった。(c)AFPBB News

最終更新:8月11日(木)15時7分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。