ここから本文です

ペップやコンテがやってきたけど…… ウィルシャー「ヴェンゲルがこのチームで何か勝ち取る」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月11日(木)9時58分配信

何か特別なことを達成できると信じる

今夏プレミアリーグには世界最高の指揮官とも言われるジョゼップ・グアルディオラ、アントニオ・コンテが加わり、世界トップレベルの指揮官が集まる非常に豪華なリーグとなった。2人の他にもレスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ、リヴァプールのユルゲン・クロップなど優秀な指揮官が揃っている。

プレミアリーグを最も知る男でもあるアーセナルのアーセン・ヴェンゲルも名将の1人だが、ヴェンゲルは長年リーグタイトルを獲得できていないことが批判の対象となっている。今夏も思うように補強が進んでいない状態で、アーセナルのリーグ制覇を信じる者はそう多くはない。

しかし、アーセナルMFジャック・ウィルシャーはヴェンゲルがベストな指揮官だと信じている。英『sky SPORTS』によると、ウィルシャーはヴェンゲルがアーセナルで何か特別なことを達成できるはずと考えており、自身にとってはヴェンゲルがベストだと信頼をアピールした。

「ヴェンゲルは何年にもわたって素晴らしいことをしてきたし、彼はトップマネージャーだ。プレミアリーグに何人か世界最高の指揮官がやってきたのは分かっているけど、僕にとっては彼がベストだ。みんな今季がヴェンゲル最後のシーズンになると言うけど、彼は続けるよ。僕は彼がこのチームで何か特別なものを勝ち取れると感じていると思うんだ」

今季は昨季以上に混沌としており、優勝予想は非常に難しい。アーセナルはあまり評価が高い方ではないが、グアルディオラやコンテら新参者に経験の違いを見せつけられるのか。大ベテランとなったヴェンゲルが今季何を見せてくれるのか注目だ。

最終更新:8月11日(木)9時58分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。