ここから本文です

オオハシに「義くちばし」をプレゼント、3Dプリンターで製作

AFPBB News 8月11日(木)11時44分配信

(c)AFPBB News

【8月11日 AFP】中米コスタリカ第2の都市、アラフエラ(Alajuela)の動物救護センター、ズー・アベ(Zoo Ave)で、くちばしが折れたオオハシ、グレシア(Grecia)に3Dプリンターで作られた「義くちばし」が贈られた。グレシアは新しいくちばしを使ってエサを食べるなど、早くもなじんでいる様子だ。

 今回、くちばしの製作に携わったSGグループ(SG Group)代表によれば、食べたり、水を飲んだり、水浴びをしたりすることを重要視し、「DuraForm」と呼ばれる非常に軽くて耐久性のあるナイロン系素材を使用したという。10日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8月11日(木)16時7分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。