ここから本文です

アーセナル大ピンチ!? タイトル遠い現状嫌ってエジル&サンチェスの二大エースが契約延長に難色

theWORLD(ザ・ワールド) 8月11日(木)10時50分配信

今夏もクラブは上手く補強できず

今夏も目立った補強ができていないアーセナルだが、心配すべきは新戦力が確保できないことだけではない。現有戦力の離脱も恐ろしいシナリオだ。

英『The Times』によると、アーセナルMFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスがクラブとの契約延長を渋っているという。アーセナルにとっては2人とも絶対欠かせないキーマンだが、2人はアーセナルがタイトルを獲得できるだけの戦力を揃えているのか疑問視している。

エジルはEURO2016開幕前にもアーセナルとの契約延長交渉を延期させており、タイトルを獲れるクラブでプレイしたいとの願望を抱いている。その際はEURO2016終了後に話し合いを再びスタートさせると伝えられていたが、同メディアによれば今回もまだ合意には至っていない模様だ。

アーセナルは今夏もサポーターが求めていたワールドクラスのストライカー獲得を実現できていない状態で、センターバックにも負傷者が相次いでいる。マンチェスターの両クラブなどが積極的に動いている現状を見れば、エジルやサンチェスもアーセナルがタイトルから遠い位置にいると考えても無理はないだろう。

2人とも以前所属していたバルセロナとレアル・マドリードで複数のタイトルを獲得しているだけに、メジャータイトルを獲得出来ないアーセナルの現状に苛立ちもあるはず。今夏もこのままワールドクラスの選手を加えられないようでは、2人とも退団を真剣に検討し始めることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月11日(木)10時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]