ここから本文です

松山千春、39年ぶり涙の弾き語りライブ「これからも俺は歌うぞ」

MusicVoice 8月11日(木)20時54分配信

 デビュー40周年を迎えたフォークシンガーの松山千春が8日、東京・日本武道館で『松山千春 40周年記念弾き語りライブ』を開催した。全編弾き語りでのコンサートはデビュー以来、約39年ぶり。日本武道館でのコンサートは20年ぶりとなった。今までを振り返りながら「これからも俺は歌うぞ」と涙と共に力強く歌い切った。

 松山はこのコンサートで「長い夜」や「季節の中で」、「大空と大地の中で」などのヒット曲、家族のことを歌った「この世で君が一番好き」、「父さん」など全21曲を1万人の前で熱唱した。

 本編ラストはデビュー曲である「旅立ち」。MCでは40年を振り返り「この世界にデビューさせてくれたのは故・竹田健二さん(77年に死去した札幌STVラジオのディレクター)、育ての親はお前たちです」とファンに呼び掛けた。また「これからも41、42年、50年と俺は歌うぞ」と涙ぐみながら宣言。松山の40年が詰め込まれたライブだった。

 13日には松山にとって初めての夏フェスとなる「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」に出演が控えている。また、10月からは『松山千春コンサート・ツアー2016秋「タイトル未定」』がスタート。まだまだ精力的に活動が続く見通しだ。


■セットリスト

松山千春 40周年記念弾き語りライブ

8月8日 日本武道館

<1部>
1.MY自転車
2.あたい
3.初恋
4.冷たい雨
5.炎
6.吐息
7.ひとり
8.愛って呼べるほどのもんじゃない
9.メッセージ
10.生命
11.ふるさと
12.生きている
13.黄昏
14.この世で君が一番好き
15.父さん
16.旅立ち

<アンコール>
1.長い夜
2.季節の中で
3.伝えなけりゃ
4.大空と大地の中で

<ダブルアンコール>
1.凡庸

最終更新:8月11日(木)20時54分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。