ここから本文です

驚異のバランス誇った4-4-2とは異なるプランB案も レスター指揮官ラニエリ「別のプランにトライする」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月11日(木)17時51分配信

他クラブを驚かせるために

昨季プレミアリーグを制したレスター・シティは、オーソドックスな[4-4-2]のシステムを軸に戦った。今季はタイトルを守る戦いに挑むことになるが、当然他クラブはレスターのやり方を熟知し、それぞれに対策を進めていることだろう。昨季のレスターの機能性は見事だったが、今季も同じやり方が通用するほど甘くはないはずだ。

それは指揮官クラウディオ・ラニエリも理解しており、昨季よりも厳しい戦いが待っていると覚悟している。しかしタイトル防衛のために別の戦い方にトライする考えもあるようで、他クラブを驚かせたいと語った。英『Daily Mirror』が伝えている。

「他クラブは我々のことをよく分かっている。もちろん我々は自分たちのやり方を継続し、別のプランも持たなくてはならない。他クラブを驚かせるために別のプランにトライするよ。コミュニティシールドのマンU戦はとても良かった。我々は同じハングリーさや謙虚さ、そして情熱があったからね」

今夏にはボランチのエンゴロ・カンテを失ってしまったが、快速アタッカーのアーメド・ムサが加入した。ムサは最前線でもサイドでもプレイできる選手で、システムを変えてムサやジェイミー・バーディ、そして日本代表FW岡崎慎司らを活かす戦術プランを考えるのも面白いだろう。レスターの連覇を予想する者はそれほど多くないが、昨季奇跡を起こしたラニエリはどのようなプランでライバルを驚かせるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月11日(木)17時51分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。