ここから本文です

首位・広島が正念場 先発投手コマ不足の中で定着期待の九里亜蓮

Full-Count 8/11(木) 14:51配信

戸田、岡田の相次ぐ故障離脱で九里に掛かる期待「与えられた仕事を全うする」

 25年ぶりのリーグ優勝を目指す広島が、試練の時を迎えている。戸田隆矢、岡田明丈の相次ぐ故障離脱で、先発投手の頭数が足りない状況となっている。今週末には、ここまで中継ぎで44試合に登板しているヘーゲンズの先発起用が有力視されているが、10日の試合で中継ぎ登板。緒方監督は「投手陣の人数が足りない中での起用」と説明した。「限られた人数」の中で先発定着が期待される九里亜蓮が、11日の阪神戦(マツダスタジアム)に先発する。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 九里は「今季は先発も中継ぎもやらせてもらっているが、自分としては与えられた仕事と全うすることしか考えていない」と、自らの立ち位置を理解している。今季はリリーフでの防御率1.93に対して、先発では6.98と数字は今ひとつだが、唯一の勝ち星は5月26日の巨人戦、6回を2失点に抑えたものだった。

 先発マウンドに向けて、九里は「しっかりバッター1人1人と勝負する気持ちで、1球1球気持ちを込めて、できるだけ長いイニングを投げたい」と意気込んだ。阪神打線については、「いい打者が多いので、打たれても根気強く投げていきたい」と、粘りの投球で打線の援護を待つ。

 10日の試合では勝利は逃したが、7月28日に一軍復帰した福井優也が6回2失点で試合は作った。緒方監督が「1軍、2軍も含めて先発を任せられる投手がいない状況」と頭を悩ませる中、野村祐輔、ジョンソン、黒田博樹に次ぐ先発要員として、プロ3年目の右腕にかかる期待は大きい。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:8/11(木) 14:51

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。