ここから本文です

15カードぶりカード勝ち越しへ、西武・秋山が貴重な先制2点タイムリー

Full-Count 8/11(木) 15:43配信

安打製造機の一振りで、2試合連続の先制に成功

 西武の秋山翔吾外野手が11日の日本ハム戦(札幌ドーム)で先制タイムリーを放った。

 この日は「2番・中堅」でスタメン。5回1死二、三塁。増井の初球フォークをバットに乗せた。打球はグングン伸びて、中越え2点二塁打。チームは2試合連続で先制に成功した。

 チームは15カードぶりのカード勝ち越しがかかっている。安打製造機が大きな2点をもたらした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/11(木) 15:43

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革