ここから本文です

西武・多和田が12球団新人一番乗りの完封勝利!

Full-Count 8/11(木) 16:52配信

チームは2ヵ月ぶり、15カードぶりのカード勝ち越し

 西武のドラフト1位・多和田真三郎投手が11日の日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ初完投初完封。チームを6月10日からの中日戦(西武プリンスドーム)以来、2か月&15カードぶりのカード勝ち越しへ導いた。

 初回から149キロの伸びのある直球で押した。初回1死二塁では大谷を147キロ直球で見逃し三振。中田を145キロ直球で二飛に打ち取ってリズムに乗った。3回2死三塁では中島を空振り三振。5回から4イニング連続で3者凡退に仕留めた。9回を投げきって8奪三振3安打無失点。前回は4回7四死球と制球が荒れたが、この日は1四球だった。

 打線は5回1死二、三塁で秋山の中越え二塁打で2点先制。このリードを守り、7月28日の日本ハム戦(西武プリンスドーム)以来の今季3勝目で、12球団の新人完封一番乗りとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/11(木) 16:55

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]