ここから本文です

県内の設備投資25%増 主要業種堅調

カナロコ by 神奈川新聞 8月11日(木)8時3分配信

 日本政策投資銀行が実施した首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)の設備投資計画調査によると、県内の2016年度計画額は、全産業で前年度比25・9%増の4974億円となり、3年連続で増加した。おおむね好調だった首都圏の中でも特に高い伸び率となっており、同行は「主要業種が堅調に伸びている」と指摘。ただ、円高や英国の欧州連合(EU)離脱問題など「経済の先行きは不透明で、悪影響を与えないか注視が必要」としている。

 業種別にみると、製造業は40・1%増の2276億円となり、3年連続で増加を見込む。中でも、物流施設の合理化投資がある輸送用機械(49・5%増)、製油所などの維持・補修投資による石油(126・8%増)、能力増強に向けた工場建設などで食品(150・9%増)がけん引した。

 非製造業は15・9%増の2697億円で、6年連続で増加を見込む。インターネット通販への対応に向けた物流施設の増設などで卸売・小売(98・0%増)が寄与。駅周辺の再開発などによる運輸(14・7%増)や、オフィスビル用の土地取得がある建設(48・9%増)も目立った。

 一方、首都圏は、<split>全産業で14・4%増の3兆6596億円となり、5年連続で増加を見込む。

 業種別では、製造業は25・5%増の7929億円で、輸送機用機械(51・4%増)や石油(41・6%増)、化学(32・0%増)など幅広い業種で増加の見通し。非製造業は11・6%増の2兆8667億円の見込みで、ウエートの高い運輸(11・9%増)、卸売・小売(71・0%増)、不動産(8・7%増)、サービス(22・9%増)がけん引する。

最終更新:8月11日(木)8時3分

カナロコ by 神奈川新聞