ここから本文です

伝説の悪魔が復活!『パンプキンヘッド』リメイク決定、続編も視野に

クランクイン! 8月11日(木)11時0分配信

 『エイリアン2』(86)と『ターミネーター2』(91)、『ジュラシック・パーク』(93)でアカデミー賞視覚効果賞を受賞したスタン・ウィンストンの監督デビュー作『パンプキンヘッド』がリメイクされることになった。海外メディアCINEMABLENDが報じている。

【関連】コワすぎて眠れない!? ホラー映画に登場する「最恐のブギーマン」10選


 モンスターホラー映画『パンプキンヘッド』のリメイク化を進めているのは、『ソウ』シリーズの製作総指揮を務めてきたピーター・ブロック。ブロックは、1994年にビデオスルー作品として発売されて残念な結果に終わった『パンプキンヘッド2』や、Syfyで放送されたテレビ映画版の『パンプキンヘッド 復讐の謝肉祭』(06)、『パンプキンヘッド 禁断の血婚』(07)といった続編のリメイク権を獲得したという。

 オリジナル版では、ランス・ヘンリクセン扮する主人公エド・ハーレイが、息子を殺したバイカー集団に復讐するため、伝説の悪魔パンプキンヘッドを復活させたものの、その残虐性に気づいて再び眠りにつかせようと戦いを挑む姿が描かれた。

 リメイク版の撮影は、2017年内に開始される予定。劇場公開はそれから間もなくになるという。監督やキャストは今のところ明らかになっていないが、脚本はネイト・アトキンスが担当するようだ。ブロックはリメイク版に向けて、ウィンストン監督のテーマやストーリー、撮影手法、セリフを含めるとした上で、続編群が失敗に終わった休止中のシリーズに、新たな命を宿らせると抱負を語っている。

最終更新:8月11日(木)11時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。