ここから本文です

C・イーストウッド、昨今の政治を「腰抜けの世代」と批判 トランプ氏への投票を明言

クランクイン! 8月11日(木)7時0分配信

 映画監督・俳優のクリント・イーストウッドが、昨今のアメリカの政治情勢について「腰抜けの世代」と批判し、大統領選ではドナルド・トランプ氏に投票すると語った。海外メディアUs Weeklyが報じている。

【関連】「クリント・イーストウッド」フォトギャラリー


 イーストウッドは、息子のスコット・イーストウッドと共に応じたEsquireによるインタビューの中で、昨今の政治情勢について質問されると、政治的な正しさを求めてきたことが「腰抜けの世代」を招いたと批判。先日にトランプ氏が共和党から大統領候補として正式な指名を受けたことについては、「人々が政治的な正しさにうんざりした結果」と分析している。

 現在86歳のイーストウッドはトランプ氏について、「奴はバカげたことを沢山言ってきた。国民もだ。両方の側がね。報道や市民を含む皆が、『ああ、奴は人種差別主義者だ』と言って、疫病神を作り上げているのさ。放っておけってんだ。悲しむべき時代だよ」と続け、民主党のヒラリー・クリントン氏には投票しないこと、つまりトランプ氏に投票することも明言。その理由については、「(クリントン氏が)オバマの足跡を辿ることを公言しているから」と説明している。

最終更新:8月11日(木)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。