ここから本文です

E.T.のようなチンパンジー 沖縄の動物園で大人気

沖縄タイムス 8/11(木) 5:00配信

 人さし指を差し出し、人と心を通わせるチンパンジー「すぐる」が、沖縄こどもの国(沖縄市)で人気を集めている。来園者からは「映画『E・T』みたいですごい」と声が上がり、瞬く間に園のアイドルに。飼育係の島袋健さん(53)は「夏休み期間中、賢いすぐるに会いに来てほしい」と話している。

この記事の他の写真・図を見る

 37歳のすぐるは人間で言えば約70歳。体長120センチ、体重約50キロの雄で約20年前から飼育されている。

 指を差し出し、人とコミュニケーションを取り始めたのは今年4月ごろから。新しいチンパンジーの小屋が完成し、透明なガラス越しに人と接すことができるようになり、飼育員に指を差し出すようになった。

 島袋さんは「チンパンジーは群れで生活する動物。互いに指や手を合わせる習性がある」とし、「すぐるも動物の本能で客とスキンシップを取りたいのかも。調子が良ければ指を合わせてくれますよ」と話す。

 10日来園した大里南小6年の伊波大羽(だいわ)君=南城市=は「指じゃなく体ごと突進してきて残念。次会った時は心を通わせたいな」と苦笑いした。

最終更新:9/5(月) 9:45

沖縄タイムス