ここから本文です

真夏の雪遊びに歓声 高岡で「クール!OTAYA」

北日本新聞 8/11(木) 14:21配信

 街なかで雪遊びをしながら、冷たいスイーツを味わうイベント「クール!OTAYA」が11日、高岡市御旅屋通りの高岡大和横の特設会場で始まった。厳しい暑さの中、涼を求めて親子連れやカップルらが来場し、夏のひとときを楽しんだ。12日まで。

 会場中央に約100平方メートルの「雪ひろば」を設け、氷をフレーク状にした人工雪を約30センチの高さに敷き詰めた。入場料は1人300円で、15分間自由に遊ぶことができる。

 正午にオープンすると、約70人が続々と入場した。子どもたちは歓声を上げ、ふわふわの雪の上を駆け回ったり、雪の滑り台でそり遊びを楽しんだりしていた。

 ステージでは、高校生を対象にしたクイズ大会など多彩な催しが繰り広げられた。かき氷やジェラートなどを販売する「クールカフェ」もあった。12日は午前11時から午後6時まで開催。「雪ひろば」は午前11時に受け付けを始め、正午に開場する。

 高岡商工会議所、オタヤ開発、高岡大和、御旅屋通商店街振興組合、末広開発、高岡市、北日本新聞社でつくる御旅屋賑(にぎ)わい創出実行委員会主催。問い合わせは実行委事務局、電話0766(22)2224。

北日本新聞社

最終更新:8/11(木) 23:39

北日本新聞