ここから本文です

継投がアダに…初出場の八王子、善戦も初勝利ならず

ベースボールキング 8月11日(木)12時11分配信

第98回 高校野球選手権大会
八王子 1 - 7 日南学園
<1回戦 8月11日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会5日目。第1試合では、初出場の八王子(西東京)が登場。宮崎の強豪・日南学園に挑んだが、初勝利はならなかった。

 激戦の西東京大会を制し、春夏通じて甲子園初出場を果たした八王子。小さい力でも結集して相手に立ち向かう“ありんこ軍団”をモットーに甲子園でも初勝利を目指した。

 立ち上がり、先発の早乙女大輝(2年)は初めての聖地にも浮足立つことなく三者凡退のスタート。4回までスコアボードにゼロを刻む好投を見せる。

 迎えた5回、連打で一三塁とピンチを招くも、続く打者は注文通りの内野ゴロ併殺。三塁走者の生還は許したものの、最少失点でしのいだ。

 ところが6回、マウンドには2人目の米原大地(2年)が登板。好投の左腕を降ろす決断を下したが、これが裏目に出てしまう。

 先頭の四球と安打でピンチを招くと、2本のタイムリーと犠飛で計5失点。善戦から一転、大きなビハインドを背負うこととなった。

 7回にも1点を失った八王子は9回、内野ゴロ併殺崩れの間に甲子園での初得点を刻んだが、反撃はその1点で終了。1-7で敗れ、甲子園初勝利を掴むことは出来なかった。


▼ 八王子・安藤徳明監督
「結果的に継投ミス。私の責任。先制されていたので、流れを変える意味もあったのですが...」

BASEBALL KING

最終更新:8月11日(木)12時12分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]