ここから本文です

中越、悔やまれる最後の“勝負”…エースが9回一死まで無安打投球も22年ぶり勝利はならず

ベースボールキング 8/11(木) 14:21配信

第98回 高校野球選手権大会
富山第一 1 - 0 中越
<1回戦 8月11日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会5日目。1回戦最後のゲームとなる第2試合は、1994年以来となる甲子園での勝利を目指した中越(新潟)が富山第一(富山)と対戦するも、0-1で惜敗した。

 この日はエース左腕の今村豪(3年)が快投を披露。四球や味方の失策はあったものの、安打を許さないまま終盤戦を迎える。

 7回には二死から2つの四球でピンチを招くも左飛で切り抜け、8回はエラーと四球2つで満塁のピンチ。ここでも痛烈なピッチャー返しを自ら処理するなど、安打は許さずホームは死守した。

 しかし、味方打線も中津原元輝(3年)から森圭名(2年)という継投を前にホームが遠く、無得点のまま9回を迎えた。

 9回裏、一死まで無安打投球を続けていたエースの今村が、相手の4番に右中間への二塁打を浴びて無安打投球が終了。一気にサヨナラ負けのピンチを迎えてしまう。

 続く打者に対しても3ボールとなり、歩かせるかと思われた中でストライクをひとつ取る。カウント3ボール1ストライク...果たして勝負するのか、それとも歩かせるか、注目が集まった1球が甘く入ってしまった。

 弾き返された打球はショートの頭上を超えて左中間へ。二塁走者が生還し、この瞬間に試合終了。今年も初戦敗退となってしまった。


▼ 中越・本田仁哉監督
「今村はよく投げてくれた。交代は頭をよぎったが、エースに託した」

BASEBALL KING

最終更新:8/11(木) 14:21

ベースボールキング