ここから本文です

白浜で花火3500発

紀伊民報 8月11日(木)16時45分配信

 白浜花火大会が10日夜、和歌山県白浜町の白良浜海水浴場であった。打ち上げ花火や水中スターマイン、延長約千メートルにわたるナイアガラの計約3500発が来場者を魅了した。

 白浜観光協会などでつくる実行委員会が7月の「白浜花火フェスティバル」に続いて主催した。4部構成で、色鮮やかな花火が夜空を染めた。

 白良浜にはカップルや家族連れらが集まり、大迫力の花火を楽しんだ。浴衣姿の人も多かった。約1時間の「ショー」が終わると、来場者は拍手を送った。

最終更新:8月11日(木)16時45分

紀伊民報