ここから本文です

カヌー体験に子どもら歓声

紀伊民報 8月11日(木)16時46分配信

 和歌山県田辺市大塔地域の夏の一大イベント「大塔地球元気村2016」の体験教室が11日、地域内の各地であり、同市谷野口の「おおとう山遊館」近くを流れる前ノ川では子どもらがカヌーを体験。山に囲まれた清流に子どもたちの歓声が響いた。

 大塔地球元気村は自然体験を通じて山村と都市との交流を図ることなどを目的に開いており、今年で25回目。

 カヌー体験教室には田辺市や白浜町、大阪府から小学生と保護者ら計18人が参加。田辺カヌー協会の宮脇和則さん(40)にパドルの持ち方やこぎ方などを教わった上でカヌーに乗り込み、殿山ダム(合川ダム)と前ノ川の境にある淵で自由にこいだ。

 参加した田辺市三栖小学校4年の尾崎七音さん(9)は「カヌーに乗ったのは初めて。力がいって腕が痛いけど、面白いです」と満面の笑み。

最終更新:8月11日(木)16時46分

紀伊民報