ここから本文です

白山開山1300年事業の成功期す 白山市職員らが祈願登山

北國新聞社 8月11日(木)3時5分配信

 来年の白山開山1300年記念事業の成功を期し、山田憲昭白山市長と高松喜与志白山商工会議所会頭ら18人が10日、白山の祈願登山を行った。一行は室堂に宿泊した後、翌11日の「山の日」の早朝、最高峰の御前峰(ごぜんがみね)(標高2702メートル)に登頂して御来光を拝む。

 一行は午前8時に白山市白峰の別当出合に集合し、砂防新道を登り始めた。午後3時ごろに白山室堂ビジターセンターに到着した。

 夜には室堂で星空コンサートが開かれ、一緒に登った同市職員3人が、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」と、中島みゆきさんの「時代」、AKB48の「365日の紙飛行機」の3曲を演奏し、室堂の宿泊客らを魅了した。アンコールに応え、童謡「ふるさと」も披露された。

 11日は午前4時に登山を始め、同5時ごろに山頂に着き、御来光を待つ。山田市長と高松会頭が対談する機会も設け、記念事業への官民の連携を確かめ合う。同日昼ごろに別当出合に戻る。

北國新聞社

最終更新:8月11日(木)3時5分

北國新聞社