ここから本文です

韓国が首位通過…優勝候補アルゼンチン、前回金メダルのメキシコが敗退/リオ五輪GS第3戦

SOCCER KING 8/11(木) 7:15配信

 リオデジャネイロ・オリンピック男子サッカー競技の第3戦が10日(日本時間11日)に行われた。

 グループCでは韓国とロンドン五輪で金メダルを獲得したメキシコが対戦。0-0で迎えた77分に韓国のグォン・チャンフンが決勝ゴールを奪い、1-0で韓国がメキシコを下した。

 同時刻に行われたドイツ対フィジーの対戦は、ドイツのニルス・ペーターゼンが5得点、マックス・マイヤーがハットトリックを達成するなど大勝。10-0でフィジーを下した。この結果、グループCは2勝1分けの韓国が首位通過、2位にはドイツが入った。

 グループDではすでに決勝トーナメント進出を決めているポルトガルとアルジェリアが対戦。ポルトガルは25分にゴンサロ・パシエンシアのPKで先制したものの、30分にアルジェリアのモハメド・ベンカブリアに同点弾を許し、1-1で引き分けた。

 大会前は優勝候補と目されていたアルゼンチンとホンジュラスの対戦は、両チームともにPKのチャンスを生かせず、試合終盤に突入する。0-0で迎えた75分にこの試合3度目のPKがホンジュラスに与えられると、アントニー・ロサーノがこれをきっちりと成功させる。後半アディショナルタイム3分にアルゼンチンのマウリシオ・マルティネスが同点ゴールを決めたが、1-1のドローに終わった。この結果、グループDはポルトガルが首位、2位には得失点差でホンジュラスが滑り込み、アルゼンチンは敗退となった。

 なお、準々決勝では韓国対ホンジュラス、ポルトガル対ドイツの対戦が決まっている。

SOCCER KING

最終更新:8/11(木) 10:00

SOCCER KING