ここから本文です

日本、リオ五輪グループ敗退が決定…今大会初勝利も2位コロンビアに届かず

SOCCER KING 8/11(木) 8:52配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第3節が10日に行われ、日本とスウェーデンが対戦した。

 ここまで1分1敗の勝ち点「1」でグループB3位の日本。2試合を戦った北部マナウスから、東部サルヴァドールに移動し、決勝トーナメント進出に向けた運命の一戦に臨む。自力突破はすでに消滅しているものの、今試合で勝利し、なおかつ2位コロンビアが首位ナイジェリアと引き分け以下で、決勝トーナメント進出。また、引き分けでも突破の可能性を残しており、コロンビアの負けが前提で得失点差の争いとなる。一方のスウェーデンは、日本と同じ勝ち点「1」の得失点差「-1」だが、総得点差で4位。今試合で勝利すれば、2位通過の可能性を残しており、日本と同じく今大会初白星を狙う。

 日本は前節から先発メンバーを3名変更。DF藤春廣輝(ガンバ大阪)、MF井手口陽介(G大阪)、MF矢島慎也(ファジアーノ岡山)に代わって、DF亀川諒史(アビスパ福岡)、MF大島僚太(川崎フロンターレ)、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)が入った。

 試合は立ち上がりから攻めの姿勢を見せた日本が主導権を握る。19分、左CKでショートコーナーから南野がマイナスのクロス。ペナルティエリア手前中央でフリーの大島が左足ダイレクトボレーを放つが、シュートは枠を大きく外れる。32分には、エリア手前中央で南野からパスを受けた興梠慎三が左足を振り抜く。強烈なシュートは枠を捉えるが、相手GKアンドレアス・リンデに阻まれた。日本は主導権を握ったものの、なかなか決定的なチャンスを作れず、スコアレスで折り返した。

 スウェーデンはMFアレクサンデル・フランソンを下げて、MFムアメル・タンコヴィッチを投入し、後半を迎える。日本は立ち上がりに浅野拓磨、興梠、南野、大島とリズムよくパスを繋ぎゴールへ迫るが、エリア内左の中島翔哉のラストパスは味方には届かなかった。57分に南野を下げて矢島を投入。61分には浅野を下げて鈴木武蔵をピッチに送り出す。

 すると63分に絶好のチャンスを迎える。左CKから矢島のクロスを遠藤航が頭で合わせるが、シュートは相手GKリンデに阻まれる。さらに鈴木がこぼれ球にいち早く反応するが、これもGKリンデの好セーブに阻まれた。それでも、直後の65分、日本が待望の先制点を奪う。左サイドでのパス交換から、大島がエリア内左に抜け出して中央へ折り返し。ニアサイドに飛び込んだ矢島が右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 さらに67分、大島が右サイドからクロスを入れると、中央の塩谷司が頭で合わせるが、シュートはクロスバー直撃。69分には、左サイドの亀川のクロスから、ファーサイドの矢島がフリーでヘディングシュートを放つが、枠を捉えられなかった。

 75分、スウェーデンは右サイドからのアーリークロスを、中央のアストリト・アイダレヴィッチが頭で合わせる。だが、シュートに勢いがなくGK中村航輔が難なくキャッチした。日本は76分、興梠がエリア手前左でパスを受けて左足を振り抜くが、シュートはGKリンデに弾き出された。直後の77分、興梠を下げて井手口陽介を入れる。87分には矢島のスルーパスから、中島が抜け出してエリア内右でシュートを放つが、戻った相手DFにブロックされた。

 試合はこのまま終了し、日本が1-0で今大会初白星を収めて、勝ち点を「4」に伸ばした。しかし、同時刻に試合を行った2位コロンビアが首位ナイジェリアに2-0で勝利し、勝ち点「5」として2位通過を確定させたため、日本のグループステージ敗退が決まった。

【スコア】
日本 1-0 スウェーデン

【得点者】
1-0 65分 矢島慎也(日本)

SOCCER KING

最終更新:8/11(木) 10:10

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]